でんがく(ホルモン)うどんのみやさん

でんがく(ホルモン)うどんのみやさん

広島のディープ地域にあるみやさん

親父です。広島出張の折、連れて行って貰ったホルモンうどん。店の界隈はホルモン系グルメの有名な場所らしく、友人の案内がなければなかなか店に行くことは出来ない様な場所。

大阪で言うと西成とか生野とか、そんな感じの場所ですね。

キョロキョロしながら大阪人3人は渋い店構えのみやさんの暖簾をくぐりました。

●公式サイト:無し
●麺の太さ:細うどん
●定休日:月曜日と第一火曜日
●営業時間:11:00~19:00
●電話番号:082-296-6826
●アクセス:広島本線観音町から10分ぐらい
●駐車場:お店の人に尋ねれば指示されます

※こちらは2018年11月の情報です

店内の様子

でんがく(ホルモン)うどんのみやさん

そんなに広く無いお店、15席ぐらいでしょうか。

何よりもびっくりしたのが、席にはまな板と包丁が置かれてます。初めて見る光景に、これは一体!?となるのは当然。

なんとここでは、名物のホルモンの天ぷらや野菜の天ぷらを、自分で切り分けて食べると言うシステム、ディープすぎます。

メニュー

うどんにおでん、白ごはんに天ぷら。ここではホルモンのことを「でんがく」と呼ぶみたいで、いずれにせよ初めての体験ばかりです。

でんがくうどん

でんがく(ホルモン)うどんのみやさん

ホルモンの出汁がよく効いたでんがくうどんがこれ。

苦手な者も多いらしいですが、大阪人の我々は、日頃からもつ鍋の類は家でも外でもよく食べるので、これは本当に美味しかった。

欲を言えば、もっとしっかりした麺を食べたいなと思うものの、450円というリーズナブルさは文句を言えたもんじゃないですね。

ほんとに美味いです。

肉と野菜の天ぷら

でんがく(ホルモン)うどんのみやさん

天ぷらは各100円。7名と言う大人数で出かけたので、肉10個、野菜10個、でんがくうどん7つ、こんな感じの注文でした。

そしてまた初体験が、天ぷらのつゆ。天つゆかと思いきや、ポン酢?。これに大盛りの七味唐辛子を放り込むのが定番だそうです。

野菜の感想はさておき、包丁で切り刻んだホルモンをうどんに入れたり、つゆに付けたり、これがまた美味い!

大満足です。

まとめ

ディープなお店、満喫しました。

レジ前にお土産が置いてあり「せんじがら」なるホルモンを揚げた物を持ち帰りました。大阪で言うところの「カス」ですね、これがまた美味い。

広島ではせんじ肉とも呼んで、コンビニやスーパーなど、そこかしこで買えるということ。好きな人にはたまらない肴になるし、家でうどん作ったりスープにしたりと、なかなか使いでがありますね。

次回の広島に来た時は、界隈の店含め、みやさんにはまた訪れたいと思います。次は地元民の案内無しでも大丈夫!

コメントを残す