ルクアバルチカの博多新風ラーメン

ルクアバルチカの博多新風ラーメン

本場の博多ラーメン

親父です。梅田での所要で珍しく娘とデート。

腹が減ったから昼飯をというので、これまた珍しく二人そろっての麺にしようと

グルメな店が並ぶバルチカへと向かうものの、お目当ての店は既に行列で、並んでまで飯喰うのは嫌だとの親父の言葉を受けて、ではではと博多新風ラーメンへと連れて行かれました。

余談だけれど、バルチカのグルメ街の充実ぶりはなかなかのもんで、和洋食、必ずお目当ての食事にありつけるお気に入りスポットの一つです。

雨が降ろうが槍が降ろうが、大阪梅田の各駅からはなんの影響もなくたどり着くことが出来るというありがたい場所です。

まだお昼前だというのに、ほぼほぼ満席に賑わう店内は学生多め。

店員さんに案内されて店の奥のテーブルへ。テキパキとした接客がなかなか心地よい店です。

博多新風ラーメンは二種類のスープ

博多新風ラーメン メニュー

新風ラーメンの創業は昭和43年と既に50年も歴史がある店だとか。

熊本風なマー油を浮かべた豚骨ラーメンとして、博多の地で行列が出来るラーメン屋へと成長し、ラーメンの全国大会「美味しんぼらーめん道」では準優勝、ここルクアバルチカの店は大阪進出一号店なんだと言います。

博多豚骨 白スープ

博多新風ラーメン 博多豚骨 白

正直、私は既に親父化が深刻化して、豚骨ラーメンなどをクチにするのは年に数度です。
(もちろん守口の秀楽

銘店と呼ばれる豚骨ラーメンも、まずいとは言わないけれど、要はあれです、食べた後に胃がもたれたりと、喜んで食べることは無くなってしまいましたね。

醤油ラーメンに塩ラーメン、饂飩に蕎麦、を好みます、親父化は深刻です。

で、新風ラーメンですが、イメージからして濃厚そうなな黒は遠慮して、ノーマルな白を選んだわけですが、思いの外あっさりと、豚骨の香りも控えめなマイルドなスープ。

トッピングに味玉や青ネギ、きくらげにもやし、博多ラーメンの定番、からし高菜にチャーシューなどがあって、それぞれ100円(チャーシューは200円)。

私は煮玉子をトッピングして780円です。

ともすれば、煮玉子も味の濃いのが多いもんですが、程よい塩梅、チャーシューも同じく、親父にも十分美味しくいただける味ですね。

隣のテーブルの若者達は「替え玉」(150円)してましたが、流石に替え玉する元気はありませんが、最後の麺の一本まで美味しくいただいた次第です。

新風麺 黒スープ

博多新風ラーメン 新風麺 黒

こちらは娘の注文、新風ラーメンの名物、黒。

横から手を出してスープを啜ってみたら、そんなにクドい味でもなく、美味いじゃないか、という感想です。

●公式サイト:なし
●麺の太さ:博多ストレート細麺
●スープ:豚骨
●定休日:不定休(ルクアに準ずる)
●営業時間:11:00~24:00
●電話番号:06-6151-1539
●アクセス:ルクアの地下二階

※こちらは2018年11月の情報です

サイドメニューは定食が充実

博多新風ラーメン サイドメニュー

各ラーメンは定食に出来ます。定食にすると黒は930円、白は900円。

焼きぶたとごはん、ぎょうざとごはん、玉子かけごはん、明太丼、半カレーから選びます。

娘は迷わず定食に、そして玉子ごはん。ちっちゃい頃から玉子ごはん好きだったなーと思いつつ、よく食べるなーと感心。

博多新風ラーメン サイドメニュー

その他のサイドメニューも定番のぎょうざから焼豚にから揚げなど、色んな物が揃っていますね。

店内の様子

週末や昼時には行列を度々目にする人気店ですね。カウンターとテーブル席、合わせて30席ほどもあるでしょうか。

切り離し出来るテーブルなので、グループでも大丈夫です。とは言え、週末や昼時は行列出来ている様を目にするので、人数が多いと、混雑時に、思い通りに座ることは難しいでしょうね。

まとめ

ワンコインのランチとは行かないまでも、千円も出せば満腹間違い無しの博多ラーメンを満喫出来るでしょう、場所柄などを考えたらお得感ある、値段設定が良いですね。

本場の博多へ仕事で良く行く娘曰く、なかなかレベルの高い博多ラーメンだとのこと。

滅多に食べることのないとんこつラーメンを久しぶりに楽しみました。

コメントを残す